SIMカードのサイズ変更方法おすすめは?サイズ確認方法も合わせて紹介

 

こんにちは。40代双子持ちサラリーマンです。

ゆずる先生
今回はスマホで使用するSIMカードの種類とサイズ変更の方法について紹介するよ。

 

双子
この記事を読むことにより、何が分かるようになりますか?

 

ゆずる先生
この記事を読むとこんなことが分かるようになるよ。
記事を読んでわかること
  • SIMにはどんな種類(サイズ)があるのかわかる
     
  • スマホが対応しているSIMの種類の調べ方がわかる
     
  • SIMをサイズ変更する方法がわかる

 

 

SIMの種類

サイズの違う三種類のSIMがあり、大きい順番に

  • 標準SIM(25mm×15mm)
  • micro-SIM(15mm×12mm)
  • nano-SIM(12.3mm×8.8mm)

といいます。

 

標準SIM

ガラケーやiPhone 3Gなどで使用されています。

 

micro-SIM

2010年発売のiPhone 4や、今でもたくさんのAndroid端末で使用されています。

 

現状、iPhoneを使用されている方で使用している方は少ないと思いますが、Andoroid端末ではまだまだ使用している機種は多いと思います。

 

nano-SIM

現在、一番使用されているSIMカードとなっています。

 

2012年発売のiPhone 5以降のiPhoneと、近年発売された端末の大多数がこのSIMを使用しています。

 

SIMカードのサイズ確認方法

双子
そもそも、自分のスマホがどのSIMに対応しているのか、確認方法がわかりません。

 

ゆずる先生
いい質問ですね。それはネットで、スマホのスペック情報を確認すればわかります。

 

双子
スペック情報を確認と言われても、どうやって確認したらいいのか分かりません。教えてもらえますか。

 

ゆずる先生
分かりました。
それでは、わたしの機種変更前後のスマホを例に確認方法を紹介するよ。

 

このような機種変更を行いました。

 

機種変更の内容
  • 機種変更前:moto g4 plus
     
  • 機種変更後:moto g7 plus

 

スマホのSIMの種類の調べ方手順

  • STEP1
    機種変更前の対応SIM
    Googleで機種変更前であるmoto g4 plusを入力し、検索結果から価格.comのページを選択します。

    表示された価格.comのページを下にスクロールしていくと下のようなタブで分かれている情報があるので、そこからスペック情報をクリックします。



    表示された情報からSIMカードの項目を確認します。
    これで、機種変更前のスマホが対応しているsimは、micro-SIMであることが分かります。

  • STEP2
    機種変更後の対応SIM
    機種変更後のmoto g7 plusを同様の手順で価格.comのスペック情報でSIMカードの項目を確認します。
     

    機種変更後のスマホが対応しているSIMは、nano-SIMであることが分かります。

     

    SIMカードのサイズ変更方法

    機種変更前後の対応しているSIMの種類が異なる場合、SIMのサイズ変更を行う必要があります。

     

    SIMのサイズ変更方法は三つあります。

    • 携帯キャリアやMVNO事業者に依頼する方法
    • SIM変換アダプターを使用する方法
    • SIMをカットする方法

       

      先にわたしのオススメする変更方法とその理由を言っておきます。

      オススメする変更方法
      サービス提供元に依頼する方法
       
      オススメする理由
      スマホは長期的に使用するものという認識があり、一番リスクが低い方法のため

       

      それでは、各変更方法を紹介していきます。

      携帯キャリアやMVNOに変更を依頼する方法

      この方法は、新しいサイズのSIMを発行してもらう方法となり、一番安全な変更方法となります。ただし、発行手数料がかかります。

       

      また、3大キャリア(docomo,au,Softbank)とMVNO事業者では、依頼方法が異なるので、依頼のしかたや注意点を載せておきます。

      3大キャリアの場合

      店舗に行き、SIMのサイズ変更をしたい旨を伝えれば、サイズ変更して貰えます。

       

      なお、変更前のSIMは返却する必要はないですが、変更後のSIMの手続きが完了した時点で使えなくなるので注意です。

       

      docomoの場合

      発行手数料2,160円(消費税込み)
      ※docomoの回線がない場合、手数料は3,240円(消費税込み)

       

      auの場合

      発行手数料2,160円(消費税込み)
      ※ただし、下記の場合、手数料は3,240円(消費税込み)

      1. auの回線がない
      2. 契約変更を伴う場合

       

      softbankの場合

      softbankに関しては、正しい情報を得られなかったので、店舗で確認することをオススメします。

      MVNO事業者の場合

      各事業者のHPからSIMのサイズ変更を依頼し、新しいSIMを送ってもらうかたちになります。

       

      ただし、事業者によって、下記の対応が異なるため、事前に格安SIM事業者のHPで確認することをオススメします。

      HPで事前に確認しておくこと
      • 発行手数料
         
      • 現在使用しているSIMの返却の有無
         
      • 現在のSIMが使えなくなる期間が発生するかの有無
         
      • SIMが届いた後のMNP開通の手続きの有無

       

      人気のMVNO事業者の情報はこちらから確認できます。

       

      SIM変換アダプターを使用する方法

      この方法は、SIMの変換アダプターを取り付けて、SIMのサイズを大きくする方法です。

       

      そのため、機種変更後のSIMが現在のsimより、大きいサイズのSIMに対応している場合のみに使用できる方法となり、機種変更前後で以下のようなパターンの場合に使用できることになります。

      使用可能なサイズ変更
      • nano-SIM  ⇒ micro-SIMに変更
         
      • nano-SIM  ⇒ 標準simに変更
         
      • micro-SIM ⇒ 標準SIMに変更

       

      用途は限定されますが、現在のSIMをそのまま使うことができ、変換アダプターは500円もしないため、新しいSIMを購入するよりは安く済みます。

       

      ただし、この方法は自分自身でアダプターを購入し、取り付けることになります。

       

      そのため、SIMがうまく認識しなかったり、変換アダプターがスマホから取り出せなくなることもあるそうです。その場合、自己責任となるため要注意です。

      SIMをカットする方法

      この方法はカッターなどを使用してカットし、SIMのサイズを小さくする方法です。

       

      そのため、機種変更後のSIMが現在のSIMより小さいサイズのSIMに対応している場合のみに使用できる方法となり、機種変更前後で以下のようなパターンの場合に使用できることになります。

      使用可能なサイズ変更
      • 標準SIM     ⇒ micro-SIMに変更
         
      • 標準SIM     ⇒ nano-SIMに変更
         
      • micro-SIM  ⇒ nano-SIMに変更

       

      正直、この方法、リスクがかなり高いので、オススメはできませんが...

      SIMのサイズ変更における確認事項

      最後にスマホの機種変更の際、SIMに関して、これだけは確認しておきたいことを書いておきます。

      SIMに関する確認事項
      • スマホをネット等、店舗以外で購入する場合は、事前に機種変更前後のスマホにおける対応しているSIMのサイズを確認する。
         
      • 対応しているSIMのサイズが異なる場合は、サイズ変更の内容に応じた適切なサイズ変更方法を確認し、SIMのサイズ変更を行う。

       

      双子
      『ポチっ』と応援お願いします☺
       

      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 平凡サラリーマンへ
      にほんブログ村
       
      にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
      にほんブログ村

       

      私の楽天ルームURL

      スポンサーリンク
      おすすめの記事